オラクルカードとは

オラクルカードとは

オラクルカードは、神託を受け取るためのカードのこと。日本では、1990年代後半から、『エンジェルカード』の翻訳版が相次いで発売され、その後、妖精・ドルフィン・女神・アセンデッドマスターなど、描かれるテーマが多岐にわたり、ファンを増やす要因となった。また、仕事・恋愛・お金をテーマにしたカードも誕生している。

オラクルカードは、占いの目的ではなく、「自分自身に向き合うツール」として使われる傾向が強く、自分が忘れていることを思い出せたり、一人で悩むストレスから解放されたりする効果がある。また、タロットカードと違って、正位置や逆位置がないことや、並べ方のルールの自由度が高いため、初心者でも手に取りやすいと言われています。

最近では、「タロット=占い」という枠が外れてきており、オラクルカードで占いをしたり、タロットで自分と向き合う人が多くみられ、両者が融合したスタイルが主流になっています。

オラクルカードの選び方

2000年頃までは、オラクルカードと言えば海外の出版物ばかりがラインナップされていましたが、2010年以降は、国内でもオラクルカードが発売され、日本人の趣向にあったカードが増えてきました。また、最近は、自分でオラクルカードを自主制作する人が増えていることもあり、オラクルカードをどうやって選べばいいのか迷ってしまうこともあるでしょう。

選び方のポイントは、自分が求めている世界観とマッチしているかどうかで判断しましょう。神秘的なもの・キュートなもの・元気なものなど、さまざまな雰囲気のカードの中から、絵やデザインやメッセージを確認して、幸せな感覚やワクワク感が湧いてくるかを感じてみましょう。オラクルカードで、あなたの毎日の暮らしが明るく幸せなものになりますように!


LINE公式アカウントご登録の方はプレゼントがあります